スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに 
 
久しぶりに、大風邪をひいてしまいました…。

最初は花粉症の酷いやつだと思ってたのですが、寒気と発熱あたりから、
風邪だったのか!と。

そして、おそらく母親にも風邪を移してしまいました。(^_^;)

マスク、うがい、手洗いは徹底していたつもりでしたが甘かったようです。

皆様もお気をつけください…(^_^;)

スポンサーサイト
終了 
 
まるたまStore、私の出展期間は無事終了いたしました!

本日搬出も終わりました。(^-^)

今までに出たことのない形態のイベントで、いろいろ勉強になりました。

主催者さま、インテリアコーディネーターさま、メイワンさま、他の出展者さま、
どうもありがとうございました。

そして、お買い上げくださったお客様、どうもありがとうございました。

お客様のお顔を拝見できなかった事、ご挨拶できなかった事は残念ですが、
どうかお持ち帰りいただきましたアイテムを可愛がって頂けたら嬉しいです。

まるたまStoreは、22日まで後半の部が開催されていますので、ぜひ足を運んでみてください。
後半からの出店者さんの新たなアイテムも並びますよ。(^-^)



削る 
 
昨日ひいた謎の物体はまだ柔らかくて削れず。

しばらく前にひいた器たちを削る。

同じ日にひき、同じようにスチロールケースにしまっておいたのに、
なぜか乾きすぎの大皿と、柔らかすぎの片口。

これも個性か!

窯焚き 
 
土曜日、知り合いの陶芸家さんの薪窯の窯焚きに行ってきました。

窯焚きは4日間の日夜連続で行われたのですが、私とMさんの担当は、
窯焚き終盤の土曜日夜8時から次の日の朝10時位までの予定で。
徹夜での窯当番でした。

窯に着いた時の温度が1140度。
それを1時間に7度位ずつ上げていき、1240度位まであげたところで、
次の当番に引き継ぐのが理想コースということで。

でも、なんせコンピューター制御されていない、自然を相手にしているわけで。
そう簡単にいくわけではなく。
窯の穴から炎の様子や、温度計をみて、
薪の量や太さを考えながら、少しづつ様子を見て調整しながらの戦い。

凄く大変だけど、薪窯の面白さってきっとこういうところにあるんだなと。

私とMさんの当番の最初の方に、I先生も数時間お手伝いにきてくださり、
いろいろ教えてくださいました。ありがとうございました。

そして、試行錯誤しながらも、割と理想グラフに近い形で温度を上げていっていたその時!

衝撃のハプニングが起こったのです。

薪をくべる窯口のドアを吊るしてあるワイヤーが突然切れ、
窯口のドアが落下してきたのです。

吹き出す炎…

熱さ…

下がりはじめた窯内の温度…

パニック!!!

もう本当、あんなに焦ったことは今までにないくらい。(泣)


とにかく、窯口を塞がないと温度が下がりつづけてしまう。

塞がなきゃ!
でも何で塞ぐ?

辺りを見回したら、窯の棚板があったので、とっさにそれで塞ぐ。

今度は塞いだのはいいけど、どうやって薪をくべていく?

窯の温度を上げていくためには、窯口の開閉は手早くやらなくてはならない。

Mさんと相談して、1人が薪をもった状態でスタンバイし、
もう1人が棚板をサッともって外し、そこに薪担当が薪をなげこみ、
棚板担当がすかさず塞ぐと言う作戦に。

これ、書くと簡単そうに思えるかもしれないですがとても大変で。(T ^ T)

棚板を外すと炎が吹き出すから熱い!!
棚板自体も熱でだんだん赤く光ってきてて。
(鉄を熱すると赤くなってくる、あんな感じに)

いくら厚い革の手袋をしていても火傷しそうなレベルで。

そこで、窯場を見回すと、棚板が何枚かある事に気がつき、
棚板をローテーションして冷ましながら使う事に。

そうやっているうちに、窯主である陶芸家さんがやって来て。
事情を説明すると、前にもこういう事が何度かあったそうで。(^_^;)
そして棚板を使って塞ぐで正解だったようで。

張り詰めた心の糸が切れて、ガクッと気が抜けた。。。

今回、一緒に窯番を担当したのが気心知れたMさんで本当に良かったとおもいました。
ハプニングの際もとても心強かったので。
ありがとうございます、本当に。
感謝!





出展決定 
 
長野県駒ヶ根市で行われる、くらふてぃあ杜の市の結果が届きました。

出展決定!です。

ここは、お客さんとしては行ったことがあるものの初めての参加なるのでとても楽しみです。

このイベントの会場は、「菅の台」と「駒が池」の二会場になるのですが、
私は「駒が池」会場を希望選択していたのでそちらになりました。(^-^)

これで、今年前半の出展スケジュールが出揃いました。
あとは、ひたすら作るのみ!!
まるたまStore in メイワン 始まりました! 
 
昨日より、まるたまStore in メイワン 始まりました!

今日、11時から1時間だけ会場に立たせていただきました

なんて素敵な空間!

普段、野外クラフトイベントがメインの私は、この雰囲気は初めてで。

出させていただいたことにとても感謝した次第です。(*^◯^*)

個人的に、いろいろとても勉強になりましてね。
会場の細部まで、じっくり観察させていただきました。

目からウロコちゃん。笑

なんかとても素敵に展示もしてくださって、うふふ♪が止まらなかったです。(^-^)

すっごく可愛いものを発見しまして、個人的なお買物もしちゃいました。

私は16日までですが、22日までやっていますので、ぜひ!





















搬入 
 
明日から始まる、「まるたまStore in メイワン」の搬入に行ってきました。





他の陶器の方と同じ棚です。(^-^)
(私のは下の段です)

搬入の際は、会場をまさに創り上げている最中でしたので、
私も「まるたまStore」の完成がとても楽しみです!!

3月12日(土)の午前11時から12時まで、私も店頭に立たせていただきます。

お近くの方、お暇な方、興味のある方、通りすがりの駅の利用者さん、
いろんな雑貨や、フードが並ぶ予定ですのでぜひ遊びに来てくださいね。(*^◯^*)


器で楽しむ 
 
今月発売された雑誌が、器の特集で即買いしました。

そば猪口をミニ丼やデザートカップとしてつかったり、植木鉢カバーにつかったり。
そんな風にいろんな使い方が出来るよ的な記事がありました。

そうなんです。
器は自由なんです。
何に使っても良いんです。(^-^)

よく、「これはお茶碗ですか?」などと聞かれる事が有るのですが、
いつもどう答えるべきなのかな…と悩む事も。

お茶碗にも使えるし、他の使い方でも大丈夫です。
自由に使っていいんですよ!

そう言うと、中には少し困惑されてる様子の方も…

お茶碗ならお茶碗と言い切ってもらったほうが安心されるのかもですね。

そういう方にも、今回のような記事を見ていただけたら、
「器で楽しむ」ということを知ってもらえるかも!?と思ったり。(^-^)

実はこれ、私が前からやりたいと思っていることの一つで。

いつになるかわかりませんが、イベントの時になんらかの形で、
そういった事もお伝え出来たらいいなと計画中です。





準備 
 
今週からのイベントに向けて、準備中です。

値札がいつものやつでは駄目なので、貼り替えなくてはいけません。



なかなかの量ですね。(^_^;)

全部貼り替えたら、梱包作業です。

fight!p(^_^)q

届きました 
 
まるたまStore in メイワンのフライヤーが、本日届きました。





会場は、浜松駅と隣接しているメイワンの二階です。
ワークショップなども開催されるそうです。

たくさんの方にイベントを知っていただけたらなーとおもいます。(^-^)

下見 
 
先日、知り合いの陶芸家さんから電話がかかってきました。

なんでも今月行われる薪窯の窯焚き当番に、急なキャンセルがでたとのこと。
そして非常に慌てていて、困り果ててる様子。

どうか、私に参加してもらえないだろうか?と懇願されました…

私は薪窯の窯焚き経験がないので、スキルがゼロなんです…と伝える。

そしたら、1人じゃ当番をしたくないが2人ならやっても良いと言ってる人がいるので、
その方と一緒に窯焚きしてもらえないだろうかと。

その方が窯焚きのスキルがあるそうなので、私は助手として入る事になりました。

薪窯の窯焚きは、数日間連続で行われるため、何人かで交代でやるんです。

私達の担当は、最終日の前日の夜20時から次の日の朝9時まで。
徹夜で13時間です。

ということで、窯場の場所確認にいってきました。










明るいうちに確認に行っておいて良かったです。
山の中の畑の畦道みたいなところを通るので…。

今月中旬にその窯焚きが行われるので、またレポートしたいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。